夏のメンズ着こなし

夏のメンズ着こなし@シンプル&爽やかに、まとめる方法を教えます!

夏のメンズ着こなし、スプートニクスの人気コーデをみてみる

 

 

夏のメンズ着こなし@シンプルに、爽やかに、まとめる方法を教えます!

 

夏のメンズ着こなしって旅行や花火大会、BBQ等イベント豊富で私服を着る機会が多い夏。女の子と出かけるならカッコイイ!と思われるようなモテる服装選びをしたいですよね。でも女の子の見ているポイントって男の人からすると、なかなか難しいもの。では、どんな夏のメンズ着こなしがモテて、どんな格好が非モテなのか?具体的に考えてみました。

 

まず夏のメンズ着こなし、モテる服装とは「シンプルで爽やか、涼し気であること」です。夏らしいボーダー柄Tシャツにクロップドパンツを合わせたり、クリーンな印象の白Tシャツに短すぎないハーフパンツを合わせたり、とにかくシンプルなアイテム合わせがポイントです。足元はサンダルで軽やかに見せて、バッグはシンプルにキャンバスのトートや、飾り気のない服装ならさり気なくクラッチを選んでもオシャレですね。逆にモテない服装とは「暑苦しいレイヤードや、季節感を考えていない素材選び」です。気合いを入れてTシャツやシャツにベストを重ねたり、人によっては肩掛けカーディガンや腰巻きシャツが苦手という女の子も多いです。フルレングスのデニムパンツにゴツめのスニーカー合わせも重たく見えるので避けた方がいいかもしれません。

 

またオールシーズン同じ小物、という方も要注意です。たとえばレザー素材のバッグは春や秋冬は良いと思いますが、夏のコーディネートに合わせるのはNG。夏のメンズ着こなしでハーフパンツやクロップドパンツだから大丈夫、と思い履いているレザーブーツも暑苦しい印象を与えてしまっている恐れありです。例えば、レイヤードコーデをするならタンクトップやTシャツに麻混の夏らしいシャツ、スニーカーを履くならスエードやレザーよりキャンバス素材を選び、合わせるパンツはフルレングスを避ける。ウールの中折れハットは秋冬用にして夏はストロー素材のハットを被る等、爽やかさを意識すると一気に非モテ脱出できるかもしれません。夏のメンズ着こなしで汗っかきの方はライトグレーは要注意ですが、ホワイトやサックス、ベージュ等、明るいトーンで色味をまとめるのもオススメです。

 

モテる夏のメンズファッションの人気ランキングコーデをみてみる