春服メンズファッション

春服メンズファッション@春の軽やかな日に現われた驚愕の姿とは・・。

失敗しない春服メンズファッションをもっとみてみる

 

 

春服メンズファッション@春の軽やかな日に現われた驚愕の姿とは・・。

 

その彼とは、気軽な婚活パーティのようなイベントで知り合いました。男女が2対2となるようにセッティングされているテーブルで、女性2人は常に座って待っていて、男性2人が女性のテーブルを時間制限で回転していくというスタイルのイベント。男性はスーツ、女性はパーティルックでの参加で、男性陣はおとなしい人達が多く、私と友人は一所懸命話題を振って盛り上げていました。最後に必ず誰か1人の男性の名前を書かなければいけなく、消去法で選んだのがたまたま同じ歳だったその彼で、彼も私のことを選んでいたため、ルール上必然的に連絡先を交換することになり、何通かメールをやり取りした後、春のある日に一緒に飲もうというデートの約束をしたのでした。当日、待ち合わせに現われた彼の春服メンズファッションの私服姿を見てびっくり。季節は春で、むしろもう夏日に近いくらい気温が高くなっていた日だったのですが、明らかに冬服のジャケット姿。いえジャケットだけではなく、履いているズボンの生地も冬を感じさせるスエードのズボンで、とにかく全身が冬そのままだったのです。色合いも全身茶系でおじさんっぽくて、さわやかさは皆無。せっかく春の軽やかな気候の中、重たい冬を引きずって、しかもおじさんっぽいどんよりとした全身茶系の姿に、会った途端すごくガッカリしてしまいました。

 

なぜ春服メンズファッションでガッカリしたかと言うと、彼は中身はおとなしく地味な人でしたが、顔つき自体は悪くなくてむしろ整っている方だったので、服装次第ではそこそこイケてる男性になる可能性があった人だったからです。服のセンスがない云々以前に、なぜこの気候の中そんな真冬のような服装を着ようと思ったのか。それくらい、彼が普段から人と会ったり外出したりしていないことが垣間見れたわけですが、彼の話を聞いていると案の定普段から出掛けることはなく、女性と付き合ったこともないという男性でした。同じ歳ということで、その後は延々と彼がモテるようになるためのアドバイスをしてしまいデートどころじゃなくなったのですが、その流れで彼からどんな男性が好きかと訊かれたので、別にお洒落である必要はないけどさわやかな印象を受ける服装をしていることと、お1人様でもいいので活動的に行動する人と答えました。世の中にも彼のように勿体ない人は大勢いるのではないでしょうか。まずは季節に合った春服メンズファッションの服装をして、1人でもいいからどんどん活動して欲しいと思うのでした。

 

渋谷系の激安メンズファッション、王道のジギーズショップをみてみる